未分類

ミドル脂臭が気になる年代と原因について

ミドル体臭とは?

体臭の代表のひとつであるミドル脂臭は3大体臭のひとつといわれる体臭です。3大体臭とは汗臭、ミドル脂臭、加齢臭の3つで、年齢や体質によって変化していきます。

どんな臭いがするの?

ミドル脂臭は一般的には古い油のような臭いといわれ、女性が嗅ぐと胸焼けしたようなムカムカした不快感があることから、つわり臭とも呼ばれています。しかし、実際には脂(皮脂)が臭っているのではなく、汗が原因で臭いが発生しています。

どうしてミドル脂臭が発生するの?

ミドル脂臭は30代から40代に強くなる体臭で、ジアセチルと呼ばれる臭いの物質が原因です。このジアセチルは皮膚上の常在菌により分解されることで発生します。このジアセチルと皮脂汗腺から生じる中鎖脂肪酸と混ざることでミドル脂臭となります。

どこから臭いが出るの?

30代を過ぎてくると、汗をかきやすい箇所が腋から首の後ろや後頭部へと変化していきます。そして加齢により頭皮脂に粘土が出てくることでミドル脂臭は頭皮に蓄積しやすいといわれています。よって臭いが発生する場所は、後頭部や頭頂部、うなじ周辺となります。

ミドル脂臭の原因とは

ミドル脂臭の主な原因は加齢臭と同様に、生活習慣やストレスが原因といわれており、食生活において野菜不足の人や、肉を多く接種する方などは注意が必要です。また、仕事上でも休みがなく、体に疲労感がある場合もミドル脂臭は発生します。また、ストレスにも要注意です。食生活に気を付けていても、ストレスによりミドル脂臭が発生することがあります。

ミドル脂臭の対策方法について

食生活や疲労・ストレスを改善

上記の原因でもあったように、片寄らない食生活を意識し、野菜と魚をしっかりと接種するようこころがけ、仕事面では疲労をためないように体を休ませるよう時間をできるだけ作る、そしてストレスを溜めないように適度な運動をこころがけましょう。

シャンプー(洗髪)で臭い対策

ミドル脂臭は頭皮脂に蓄積されるので、丁寧なシャンプー(洗髪)を意識しましょう。まず洗髪前にブラッシングで頭髪についているゴミを落とし、シャンプーの前にシャワーを頭皮にあて、頭皮の汚れを落とします。次にシャンプー剤を適量つけ、指の腹を使ってしっかりと頭皮を洗浄します。ミドル脂臭が気になる30代から40代の方で頭皮に気を使うあまりシャンプーがあまい方がいらっしゃいますが、髪の育毛のためにも指の腹を使いしっかりと頭皮を洗浄することが大事です。

シャンプーの前にシャワーを頭皮に当て、汚れを落とす通称湯シャンをしっかり行うことが大事です。湯シャンを行うことで、頭皮の付着した汚れを落とすだけでなく、シャンプー剤の無駄を防ぐだけでなく、シャンプー剤の効果を高めてくれます。そして育毛剤を使用していくる方は育毛剤の効果をためにも、しっかりと頭皮の汚れを落とすことが大事です。

まとめ

ミドル脂臭の紹介と原因・対策方法を紹介しました。ミドル脂臭は汗臭・加齢臭に次ぐ第3の体臭として最近発見されました。加齢臭と同じように生活習慣や疲労・ストレスなどで臭いが発生しますので、対策としては食生活に気をつけ、適度な運動などでストレスを溜めないようにしましょう。シャンプーのやり方も意識し、臭い対策を行っていきましょう。毎日の積み重ねが大事です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。