未分類

加齢臭は過酸化脂質と活性酸素が犯人!?臭いの物質や対策・予防法を紹介

加齢臭は男性だけじゃない

体臭の代表でもある加齢臭は男性だけだと思っていませんか?子どもに臭い言われ、嫌われるのはパパだけじゃありません。加齢臭は文字通り加齢に伴い男性だけでなく、女性も臭う可能性がある体臭です。原因を知り、日々の対策をとって周りの鼻を気にしないで過ごせるように対策をしていきましょう。

加齢臭の原因とは?

何が原因で臭いが発生するのか?

加齢臭とは1999年に大手化粧品メーカーがノネナールという臭いの物質を発見し、加齢臭という名前をつけました。ノネナールは皮脂の脂肪酸のひとつ(9-ヘキサデセン酸)が過酸化脂質(コレステロールや中性脂肪が活性酸素により酸化したもの)や皮膚上に存在する常用菌により酸化、または分解されることで発生し、あの嫌な臭いになります。

食生活や生活習慣は大丈夫?

仕事上の付き合いなどでついつい外食が多くなり、肉中心で野菜不足・飲酒・喫煙、そして睡眠不足や運動不足といった不規則な生活を送ってしまうと体内の血液中にコレステロールが蓄積され、加齢臭の原因となります。コレステロールが溜まると上記のように活性酸素により酸化した過酸化脂質が脂肪分を酸化して加齢臭の原因であるノネナールが発生してしまうため、生活習慣の乱れは加齢臭の原因となります。

ストレスにも注意

ストレスを受けると一時的ではありますが、血液の流れが悪くなります。そして元に戻る際に体内の活性酸素が増えるといわれ、結果過酸化脂質が増え、ノネナールが発生します。そして自分が臭うというストレスを抱えてしまい、ストレスのスパイラルになってしまう恐れがあります。

加齢による衰えも

加齢臭は加齢に伴い代謝の衰えや、ホルモンバランスの変化により皮脂の分泌が増えたり、体内の活性酸素の量が増えてしまうと、ノネナールが発生してしまいます。

加齢臭に限らず、ミドル脂臭や汗臭といった体臭の原因には生活習慣とストレスが大きくかかわってきます。生活習慣の乱れから体臭だけでなく、動脈硬化や心筋梗塞などの病気につながる恐れもありますので、意識して改善していきましょう。

加齢臭によって臭う箇所

加齢臭ってどんな臭いがするの?

一般的に加齢臭は古い蝋燭(ろうそく)の臭い、古本を開いたような臭い、またはチーズのような臭いや酸っぱい臭いというように、感じる人によって意見は違ってくるみたいですが、良い臭いではありません。

どこが臭ってくるの?

加齢臭で臭いが発生する場所は頭皮が多いようです。それは皮脂の分泌量が多いためです。その他として、胸、腋、耳の裏や首の後ろ、背中なども皮脂が原因で臭いが発生します。これは男女共に同じなので、自身で確認して対策につなげましょう。

簡単セルフチェック方法

  • 頭皮→枕の臭いをチェック
  • 胸→下着やワイシャツ、ブラウスの臭いまたは、ティッシュを押し当て臭いをチェック
  • 腋→下着やワイシャツ、ブラウスの臭いまたは、ティッシュを押し当て臭いをチェック
  • 耳の裏→ティッシュを強く当てて臭いをチェック
  • 首の後ろ→下着やワイシャツ、ブラウスの臭いをチェック
  • 背中→下着やワイシャツ、ブラウスの臭いをチェック

加齢臭対策の前に

加齢臭の対策を紹介する前に、上記で自身の臭いを確認する方法を紹介しました。これはとても大事なことです。まず自身の体から加齢臭が出ているのかを自身で確認し、意識するところからはじめましょう。意識することで、予防にもつながります。

加齢臭の対策

加齢臭の対策として大事なことは臭いの原因である皮脂、ノネナールを落とすこと。そして体内の酸化を抑えることが大事といわれています。皮脂は落としすぎると、肌を守るために量た増え、ノネナールは肌につきやすく、水で落としにくいという特徴があります。よって洗浄のやり方も意識しながら行いましょう。体内の酸化については予防方法で対策を紹介します。

丁寧に体を洗う

加齢臭対策の基本といわれる皮脂洗い落とすことです。皮脂は洗いすぎると肌を守ろうとしてさらに量が増えることがあります。よってゴシゴシと強く洗ってしまってはいけません。やさしく、丁寧にを意識しながら洗浄してください。その際に薬用石鹸やデオドラント系のボディソープなどを使用すると効果を期待できます。また、お風呂(浴槽)に浸かることもおすすめします。これは体をリラックスさせることと、毛穴が開くので、老廃物を外に出し肌を清潔にすることが期待できるからです。

夜は浴槽にも浸かり、できれば朝もシャワーを浴びるなど、体を洗う頻度を上げるよう意識しましょう。耳の裏や首の裏、胸や頭皮といった臭いの発生する箇所はもちろん、眉から鼻にかけたTゾーンや背中など洗いにくい箇所も意識し、洗浄しましょう。

汗や皮脂をこまめにチェック・ふき取り

夏場や体を動かす職業の方はかいた汗をそのままにせず、こまめにふき取ることが大事です。汗が雑菌により分解されてしまうと体臭に原因になります。こまめにチェックしハンカチ等でふき取るように意識しましょう。

衣服にも注意!

体を意識的にケアした次は衣服にも注意しましょう。ノネナールは体だけでなく、衣服にも付着します。よって汗をかいた服は洗濯やクリーニングでケアし、常に清潔な服を着ましょう。体も衣服も清潔を保つことが1番の対策法となっていきます。

加齢臭予防について紹介

加齢臭ではないけど、年齢的に不安という方に予防方法を紹介します。いつ発生するかわからない加齢臭予防策のキーワードとしては過酸化脂質と活性酸素です。大まかにいうと中性脂肪やコレステロールが酸化しないように活性酸素を抑えることです。おさらいですが、ノネナールは皮脂の脂肪酸が過酸化脂質や常用菌により分解されることで発生します。皮脂は加齢よって増えてしまうもの。対策はできますが量がふえてしまうことはしょうがないことです、しかし、過酸化脂質となる中性脂肪やコレステロールは日々の予防でおさえることができ、活性酸素も適度な運動によって無害化できます。これは対策の説明でふれた体内の酸化を防ぐ予防にもなります。

生活習慣の見直し

加齢臭の臭いの物質ノネナールを元から作らない体を作っていくためには毎日の生活を見直すことが大事です。ここでいう生活習慣とは食事内容、運動量、喫煙の有無などです。特に人間の体を作るのは食事です。肉類を多く摂取している方は体臭が強くなる傾向があり、体内の酸化を防ぐ抗酸化作用のある食べ物もありますので、意識をして食事をとるようにしてきましょう。

食事は和食が効果的?

加齢臭だけに限らず体臭を発生させてしまう要因として肉類の多量摂取、動物性脂肪やにんにくなどを食べることが上げられます。これを簡単に予防する方法として、食事を和食にすることをおすすめします。和食には魚や野菜中心なので脂肪の摂りすぎにならず、みそ汁や大豆にはイソフラボンなどの抗酸化作用のある成分が含んでいるため、食事を和食に変えるだけで体臭対策になります。

肉類は多量摂取することで皮脂の分泌量が増え、加齢臭や体臭の原因とされていますが、全く食べてはいけないというわけではありません。肉類が好きな方、仕事の付き合いなどで食べる事が多い方は意識して食べすぎないようにしましょう。

抗酸化作用のある食べ物って?

ノネナールを発生させる過酸化脂質の原因、活性酸素を抑えることを抗酸化作用といいます。抗酸化作用がある栄養素はビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、ミネラル、カロテノイドなどです。実は上記で紹介した加齢臭予防の和食には抗酸化作用がある栄養素がほとんど入っているため、食事を和食にするだけで、加齢臭の予防になるのです。

喫煙は加齢臭の原因

近年日本の愛煙家は肩身が狭い思いをしていることと思いますが、喫煙が加齢臭の原因になり、その加齢臭+タバコ臭が職場でスメハラと呼ばれていたら、さらに肩身が狭くなります。タバコにはビタミンCを破壊する作用、新陳代謝の低下、活性酸素を増やす効果がありますので、加齢臭を予防していても、喫煙によって予防が無駄になる恐れもあるのです。どうしても喫煙は辞められない、でも加齢臭は嫌だという方は電子タバコを使用するなどして紙巻タバコの量を減らしていき、いずれは禁煙できるように意識してくことをおすすめ致します。

適度な運動はストレス発散のため?

ストレスは加齢臭だけでなく、他の体臭の原因にもなります。そもそもストレスを抱えてしまうことで活性酸素を増やしてしまうことになるので、活性酸素を増やさないようにストレスを溜めない、ストレスを発散するために適度な運動を行うということになります。適度なとは有酸素運動のことをさし、ウォーキングやランニング、自転車サイクリングなどです。有酸素運動を行うことでまず脂肪を燃焼し、加齢臭の予防、そして意識して集中することでストレスの緩和へとつながり、結果活性酸素を減らすことになります。

筋トレや過度な運動は無酸素運動となり、呼吸が激しくなり酸素の量が増え、活性酸素が増えてしまい、逆効果になります。有酸素運動を意識し、毎日20分から30分を目安に運動を心がけましょう。

まとめ

今回は加齢臭について、臭いを発生するノネナールの紹介及び、ノネナールの原因となる過酸化脂質と活性酸素について、対策と予防法を紹介させていただきました。加齢臭だけでなく、体臭全般にはまず、自身のどこが臭っているのかを確認、意識することが大事です。そして臭いが発生したら現在できる対策を行いながら、臭いが強くならないように毎日の予防が大事になっていきます。近道はありません。日々の努力の積み重ねが臭いを絶つことになりますので、意識して取り組んでいきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。