未分類

背中ニキビの犯人はこれ?美背中になりたいならケアが大事!

背中にブツブツが・・・

肩や背中にニキビのようなブツブツが・・。ニキビが気になってしまい夏シーズンに水着を着れない!なんてことも。そもそも肩や背中に出ているブツブツははたしてニキビなのでしょうか?気になる人から絶対指摘されたくないこのデリケートな問題の原因から紹介していきます。

背中のブツブツはニキビなの?

medetaiさんによる写真ACからの写真

 

肩や背中に限らずでてくる赤いブツブツ。一般的に身体ニキビや背中ニキビと呼ばれるこのブツブツですが、若者が思春期に出てくるニキビとは別物です。正確には思春期に顔によくでるニキビは、毛穴に皮脂がつまりアクネ菌と呼ばれる菌が増え、毛穴の中で炎症を起こすことでニキビになりますが、背中ニキビはマラセチア菌というカビが原因です。つまり同じように見えても原因となる菌が違うので、顔のニキビと同じケアを背中にしても、背中ニキビは治らないケースがあります。※背中ニキビの種類により異なります。

背中ニキビの正体は皮膚の病気!

背中ニキビは思春期ニキビと別物ということがわかりましたが、背中ニキビとは何なのでしょうか?実は背中ニキビとは毛包炎(もうのうえん)と呼ばれる皮膚の病気です。毛包という毛根を包む組織に炎症が起きるこです。毛包炎には主に下記のような種類があります。

毛包炎症 黄色ブドウ球菌などの細菌が原因
マラセチア毛包炎 セラマチア菌という真菌が原因
好酸球性膿疱性毛包炎 毛包にかゆみを伴う好酸球性(白血球の一種)による膿疱が再燃するこで疾患

上記でもありましたが、主に顔に多く生息しているアクネ菌が顔ニキビ、そして背中をはじめ、体に多く生息しているのがセラマチア菌というカビが体にできるブツブツの正体です。当然菌が違うので、ケアの方法も異なっていきます。

背中ニキビの原因は?

背中ニキビの原因はマラセチア菌と呼ばれる真菌(カビ)が関係していることはわかりましたが、この菌がどのようにして背中ニキビとなるのかを紹介します。

毛包とは?

背中ニキビの前に毛包の説明をします。毛包とは毛根を包む皮膚組織です。毛根の保護や毛の伸長の通路の役割があり、毛包上部には毛包腺、皮脂腺があり、脂肪性の物質を分泌します。脂肪を分泌することで皮膚や毛の表面を保護し、また防水の働きもします。

背中ニキビ(毛包炎)はどのようにして発生するのか?

背中ニキビ(毛包炎)は上記の毛包が黄色ブドウ球菌細菌やマラセチア真菌(カビ)の侵入・増殖により炎症を起こします。炎症が起こると赤いブツブツとした皮膚の隆起(丘疹)がみられます。その丘疹が化膿すると膿疱という白い皮疹が現れます。また、思春期に顔に出るニキビが体にも発生することがあり、場合によっては一般ニキビと毛包炎が混在することもあります。

背中ニキビの原因は?

背中ニキビの犯人はカビが大きく関係していますが、カビなんて・・と思う方もいらっしゃると思います。実はこのマラセチア真菌と呼ばれる菌は常用菌といわれる、常に肌に存在している菌です。その菌が何らかの要因によりバランスを崩してしまうと、必要以上に増えてしまい体ニキビを発生してしまいます。その要因というのは肌の乾燥であったり、皮脂や汗、ストレスや生活習慣、ホルモンバランスも関係してきます。

皮脂・汗

セラマチア真菌はカビの一種なので脂を好みます。特に春先から夏にかけては気温や湿度、または新生活などの緊張により皮脂や汗の分泌量が多くなり、真菌が増えやすい季節となります。特に背中はケアしにくいので、皮脂・汗の増加により背中ニキビが発生しやすくなります。

汗のムレによっても背中ニキビの原因となります。

ストレス

ストレスを感じてしまう際にも皮脂が分泌され、べたついた汗が多く発汗します。べたついた汗にはもちろん皮脂が含まれており、毛穴を詰まらせ背中ニキビの原因となります。汗がべたつくと蒸発しにくい汗となるので臭いも気になってしまいます。また、ストレスによるホルモンバランスのみだれから背中ニキビを発生させてしまうことがありますので、しっかりとケアを意識しましょう。

生活習慣

主に食生活が肉食に偏ってしまうと、皮脂の分泌量が増えてしまい、結果背中ニキビだけでなく、顔ニキビの原因となります。食生活はもちろん、十分な睡眠、適度な運動を行えていないと、ストレスを感じてしまい、皮脂や汗の量の増加へとつながってしまうので、自身の生活を意識して確認してみましょう。

ホルモンバランスのみだれ

女性の場合は生理前になるとホルモンバランスが崩れやすく、ニキビが出やすいといわれています。それは女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンの分泌量が生理前に増えると、皮脂の分泌量が増えてしまい、皮膚のターンオーバー(肌の新陳代謝)のサイクルも崩れてしまう恐れがあります。ターンオーバーは通常28日で新しい肌へと変わっていきますが、このサイクルが崩れてしまうと、肌トラブルへとつながっていきます。また男性の場合は主にストレスにより男性ホルモンの分泌量の増加が背中ニキビの原因となります。

その他要因・注意点

その他として肌の傷(掻き傷や擦り傷)や抜毛、紫外線によっても背中ニキビの原因になり、塗り薬に含まれるステロイドでも背中ニキビの要因となったりしますが、いずれも当てはまることなく背中ニキビが治らない際には内科系の疾患の恐れがあるので、このサイトを閉じ医療機関へ相談することをおすすめします。

背中ニキビ(毛包炎)は自然治癒しません。ニキビと甘くみていると、膿疱となり強い痛みが発生するほかに、ニキビ跡になってしまうこともありますので、ケアを意識してください。

背中ニキビが発生した場合の対応法

背中は皮脂や汗の関係でニキビが発生しやすい場所といえます。しかも自身で確認することが困難であることから塗り薬等を塗ることが難しいので、基本的には背中にニキビのような発疹を発見した場合には皮膚科など専門の医療機関へ相談することをおすすめします。また、現在エステサロンでも背中ニキビの対応をしているので、皮膚科に行くことが敷居が高いと感じている方はエステに行くことも対策になると考えます。

医師が開発した背中ニキビコースがあるエステはコチラ


背中ニキビ&シミコース
メディカルエステ シーズラボ

  1. ドクターシーラボグループによる医師開発の専用コース
  2. 食事、生活習慣のアドバイスを行い、その人に合ったケアを提案
  3. 医師監修のボディ専用ピーリング剤を使用し、肌に合ったケアを提供

詳しくはコチラ

背中ニキビができないように予防すべし

背中ニキビの対策は医療機関をおすすめしますが、背中ニキビができないように大事な事は日々の予防になります。原因でもありましたが、背中ニキビは生活習慣が関わってきます。食生活や睡眠、ストレス、ホルモンバランスの乱れから背中ニキビは発生してしまうので、日々の生活を意識しながら予防しましょう。

皮脂や汗予防

皮脂や汗が背中ニキビにより背中ニキビの犯人である真菌が増えてしまうので、真菌を増やさないようにしっかりと入浴時に背中の洗浄や汗をかいたら下着を取り換える。または通気性の良い下着を選び、汗対策をしましょう。背中の皮脂に関しては石鹸などで洗いましょう。特に薬用のカビを殺菌する作用のある石鹸で洗うと効果的です。また以外と見落としがちがのがシャンプーリンスの洗い残しです。リンスの油分が背中についたままだと皮脂が残りやすくなるので、洗髪から行う方が効果的です。

背中ニキビ予防にボディミストがおすすめ



【薬用VCボディミスト】

おすすめポイント

  1. マラセチア菌、アクネ菌の殺菌
  2. ホルモンバランスも調整
  3. 対策・予防がこれ1本で出来る

背中ニキビの対策・予防を兼ねそろえた1本です。通常単体購入は6,000円ですが、定期購入だと初回3,000円というお得な商品です。単体購入、定期購入どちらでも送料は無料なので手軽に予防を始めたい方におすすめです。

【薬用VCボディミスト】

ストレスは溜めないように工夫しましょう

ストレスは皮脂の分泌量を増やすだけでなく、ホルモンバランスを崩してしまうので背中ニキビが発生しやすくなります。仕事だけじゃなくプライベートにおいてもストレスを溜めないように意識しながら改善しましょう。

生活習慣を改善

人間の体を作る食事には意識しながら気を付けましょう。肉中心の食事を抑え、魚や野菜を適度に食べるなどして脂を溜めないようにしましょう。甘い物を過剰に摂取することも注意です。そして十分な睡眠をとることでストレスの緩和、肌のターンオーバーの調整にもなります。PM10時からAM2時が活発にターンオーバーを行うといわれているので、早く寝るように意識しながら改善しましょう。適度な運動も忘れずに。新陳代謝の促進やストレス緩和を期待できます。

背中ニキビについてまとめ

acworksさんによる写真ACからの写真

 

今回は背中ニキビについて紹介しました。背中ニキビの犯人はマラセチア菌というカビが増えてしまうことで発生してしまいますが、マラセチア菌は常用菌なので、常に、誰にでも存在します。そこで一定量菌が増えないように気を付けるのが皮脂です。カビは脂を好むため皮脂の分泌が多くならないように予防策をとっていれば、カビは増えません。マラセチア菌だけでなく、顔にでるアクネ菌も一緒に発生することもあるので、背中を洗浄する際には殺菌作用がある石鹸やソープを使用し、十分にケアをしてください。生活習慣も毎日の積み重ねが予防・対策になるので、惰性で続けるのではなく、意識しながらと改善に取り組みましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。